2010年02月02日

警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)

 奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走車両に警察官が発砲し、助手席の男性=当時(28)=が死亡したのは警察側の対応に問題があったとして、男性の母親(72)が、県と警察官4人を相手に約1億1800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で奈良地裁は27日、母親の訴えを棄却した。
 宮本初美裁判長は警察官の発砲について、「一般車両や警察車両に車を衝突させながら逃走しようとしており、警察官のみならず市民の生命、身体に危害を及ぼす危険性が顕著だった」と指摘。「(発砲は)やむを得なかった」とした。
 判決によると、男性は03年9月10日、車上荒らしなどの疑いで警察車両に追跡されていた車の助手席に乗車。同県大和郡山市の国道で警察官3人から8発の発砲を受け、うち2発が男性の首に命中し死亡した。車は別の男性(33)=窃盗罪など実刑確定=が運転していた。
 判決後、会見した母親は「納得いかない」と悔しさをあらわにした。弁護側は控訴する方針。
 藪内利一奈良県警監察課長の話 適法な職務執行との主張が認められたと受け止めている。 

【関連ニュース】
強殺未遂容疑で少年4人逮捕=逃走車両で男性引きずる
車上荒らしに引きずられ?重傷=駐車場から130メートル

「30億の土地を相続する」と嘘 9百万円騙し取った女を逮捕(産経新聞)
消費税率引き上げ、自民・谷垣氏が公約明記に意欲(読売新聞)
<夕張市>赤字返済19年に短縮 財政再生計画素案を修正(毎日新聞)
<衆院本会議>1日から代表質問(毎日新聞)
郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
posted by だるまさん at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人未遂容疑で高1ら2人逮捕 茨城、道路にロープ(産経新聞)

 茨城県笠間市の県道で昨年10月、新聞配達員の女性(46)のバイクが道路に張ってあったロープに接触、転倒してけがを負った事件で、県警笠間署は30日、殺人未遂の疑いで、笠間市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と、知人の無職少年(16)を逮捕した。2人はロープを張った事実は認めているが、殺意については否認している。

 同署によると、男子生徒らは昨年10月11日午前3時5分ごろ、同市下郷の県道にナイロン製のロープを張って女性を転倒させ、頭や首を切るなど全治3週間のけがを負わせた疑いが持たれている。ロープは太さ約1センチで、約1・2メートルの高さに張られていた。

 

<円卓会議>政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
第2次補正予算が成立(医療介護CBニュース)
福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)
<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
posted by だるまさん at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。